2010年04月22日

まんじゅう と リノベーション

img0b1e44e2zikdzj.jpg

「まんじゅう から あんこ を ぬいてみろ」

当社の代表:東(あずま) が好きな言葉です。

この言葉は、今年のお正月のTV特番で、
「宿泊できない宿」として有名な旅館の社長が、言っていた格言です。

宿=泊まるのが当たり前 
まんじゅう=あんこが入ってるのが当たり前

この、「当たり前」と思われてる部分に振り回されちゃうと、
いいアイデアは出ないよ、つまんないよ、
って意味です。


「常識にとらわれるな」 (←一般論)
「キャンバスからはみ出せ」 (←岡本太郎が、ジミー大西に伝えた言葉)
ってのと、同じ意味です。


「あんこを抜いて考えようよ」とか、
「あの人の頭、あんこ詰まりすぎてて、つまんない」とか応用させて、
当社では使っています。



「あんこ」を抜いた、今話題のマーケティングといえば、コレ↓
 

「CDを本屋で売る」

bks1004180859011-n1.jpg

おとといから、コンビニの雑誌コーナーでひときわ目立つピンクの雑誌。
その日のWBSニュースに、早速出てました。
CD制作会社からの依頼が殺到していると、大手本屋の社長は喜んでます。




さて、こっからが、今日のブログの本題です。


「賃貸ルームを紹介する場所は、不動産屋である。」
「賃貸ルームを紹介する媒体は、賃貸情報誌・店頭の張り紙・不動産屋のネット検索 である。」
 ↑これが、いわゆる 常識 であり、あんこ です。

これらの あんこ を抜き取る事ができれば・・・・。
新しい発想で リノベルームを広める事ができれば・・・・。

住宅過剰供給(借り手市場)&人口減少というマイナス要素と戦えるかも!
「リノベさえすれば安心です!」と、大家さんに太鼓判を押せるかも!

もやもやとした殻(コチラコチラコチラ参照)から、抜け出せる気がするのです。


それに、上で述べた あんこ だと、「引越しを考えてる人」にしか、アプローチできません。
引越しの必要性を感じていない人達へ、リノベルームへの引越しを促すことができれば、コレすなわち「お客の創出」(←電通さんとか博報堂さんが好きそうな言葉やね。)なりよ。

デザインのセンスは、ある程度のラインまでは、モノマネと経験と改善の繰り返しで上達すると思うけど、 あんこ については、簡単にはいかないだろうなー。





あんこ。





皆さんも、抜いてみてください。



↓リノベブログ大集合
ブログランキング・にほんブログ村へ
(今日は18位☆)

 おまけ
『電通10カ条』
@もっと消費させろ
A捨てさせろ
B無駄使いさせろ
C季節を忘れさせろ
D贈り物をさせろ
Eコンビネーションで使わせろ
Fきっかけを投じろ
G流行遅れにさせろ
H気安く買わせろ
I混乱を作り出せ

    マスコミは、恐ろしかね。
posted by リノベ女王w at 17:24| Comment(0) | 福岡での日常(主にリノベ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。