2010年05月11日

芸術 と リノベーション

images (1).jpg

最近なんだか、『芸術』について学びたくて、たまりません。
リノベーションについて、悩んで悩んで悩み抜いているからだと思います。



というわけで、手始めに「芸術の意味」(ハーバート・リード著) という本を、ヤフオクで300円で買いました。

芸術の定義から始まり、黄金分割/幾何学/芸術と美学についてなど、詩人の視点による芸術的要素の解釈は興味深く参考になる事柄は多い。
美術史的には原始芸術から表現主義まで包括的に述べている。
各センテンスは簡潔にまとまっていて、内容は高度で専門的だが読みやすい
」・・・アマゾンレビュー抜粋

まだ、数ページしか読んでいませんが、おもしろい。
今の私に、ビンゴな本でした。

世の中には、本物の本があって、その本から学んだ人が本を書いて、またその本から学んだ人が本を書いて・・・・。
それらの本が 「いっしょくた」 に本屋にあるから、本当に読むべき本にたどり着くまでに、時間がかかります。
今回は、本物の本の予感。


「リノベーション」について追及していくと、「美」や「アート」という言葉にたどり着く気がします。
リノベ物件が好きな人って、アート好きが多いですよね?
ということは、アートの本質を分かっている人が作ったリノベルームは、絶対にイイはず。


よし。学ぼう。


生まれ持ってのセンスの良さを持ってる人なんて、一握り。
本物の美を、真似て真似て真似て、適切にアウトプットできるようになることが、とりあえずの私の目標です。





↓リノベブログ大集合
ブログランキング・にほんブログ村へ
(今日は17位☆)
posted by リノベ女王w at 21:01| Comment(0) | 福岡での日常(主にリノベ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。